エコカーは本当にエコなのか

環境省、経済産業省、国土交通省が定めるエコロジーカーとも呼ばれるエコカーは、無公害車両や低公害車両を指します。エコロジーカーは、各種の新技術により公害物資の排出を確実に抑えていると言われています。
ハープエコロジーカーにも色々な種類が存在します。
1番最初に思いつくのがハイブリッド車両ですが、ハイブリッドシステムにも幾つかの種類があります。
日本で主に流通しているハイブリッドシステムは、エンジンの動力を借りて作られた電気や回生された電気でモーターを駆動させて、特に走り出しをサポートするタイプです。
しかし、欧米のハイブリッドシステムはエンジンを発電に使用し、発電した電気モーターで駆動するタイプです。
又、内燃機関を改造する事により代替エネルギーを使用し、低公害を実現している車両もあります。
DME、エタノール、CNG、LPG、水素などを代替エネルギーとしていますが、代替エネルギー自体をトウモロコシなどの穀物やミドリムシから生産する低公害研究もされています。
エコロジーカーには、内燃機関を搭載せず化石燃料を全く使用しない無公害車両もあります。
現在では、水素と酸素を化学反応させて発電し電気モーターで駆動する水素燃料電池自動車や大型のリチウムイオンバッテリーを搭載した電気自動車などの無公害車両が販売されています。