自動車やバイクなどの運転免許を持っている人なら誰しも交通事故に遭う可能性があります。

 

そして交通事故の被害者になる可能性と同時に加害者になる可能性もあると認識しておかなければなりません。交通事故を起こしてしまった場合、まず当事者には被害の拡大防止義務と警察への事故報告義務があります。

 

そして交通事故の加害者になってしまった場合には民事上の責任・刑事上の責任・行政上の責任の三つを負わなければなりません。まず民事責任とは加害者に怪我を負わせたり死亡させたりした時に、加害者やその遺族への損害を金銭で賠償することです。

 

次に刑事責任とは道路交通法によって刑罰が科されることです。飲酒運転などで人を死傷させた場合は危険運転致死傷罪、ひき逃げの場合には殺人罪などに問われる可能性があります。また罰金刑だけではなく禁固刑や懲役刑などもあります。

 

最後に行政責任とは違反点数の加算による免許停止や免許取り消しなどに当たります。このように交通事故の加害者になるとたくさんの責任を負わなければなりません。そして被害者だけでなくその家族や自分自身の家族にまで精神的な苦しみや悲しみを負わせることになります。

 

また自分自身も一生自責の念に駆られながら生活しなければなりません。交通事故を起こさないためには常に安全運転を心がけることこそが誰でもできる最も有効な方法です。