未分類

現在では人気の高い車種としてエコカーと呼ばれているものが注目されています。このタイプの自動車は一般的に普及しているタイプとして、ハイブリッド車や電気自動車が該当することになります。通常の乗用車と比較した場合では、様々な面のコストを比べることができ、その違いに関しては車種によっても異なります。例えばハイブリッド車の場合では、購入価格が同じ車格を持った自動車と比べると高めに推移しています。しかし、燃費が優れていることによって、特に年間の走行距離数の多い方の場合では、月に数万円のガソリン代が安くなるという事例もあります。使用感についても車種によって異なる部分があり、例えば大型セダンの場合では、乗り心地は良いものですが、その反面維持費というものが大きくかかることになります。コンパクトカーの場合では、維持費は安く済ませることができ、軽自動車に次いで人気を持っているものとされていますが、その一方で使用感に関しては乗る人によって判断基準が異なる部分を持っています。結局は何を優先させるのかで判断が変わることになり、燃費を優先させてガソリン代を安くするならば、やはり電気自動車やハイブリッドカーを選択することが良い方法とされています。

ドライブは走り心地や車内の快適性が重要ですし、エコカーを含めてフィーリングが合う車選びが大切ですから、実際に試乗を行い走りを確認する事によって、満足出来る車選びが実現します。
使用感は短時間では判断が難しいですが、騒音は試乗でも気が付く事が出来ますし、路面状況の違いを把握する事も大切なので、日常生活に近い路面で試乗を行う事が大切です。
メーカーは車のコンセプトによって重視するポイントを変えますし、エコカーは目的を持って開発されていますから、乗る人により使用感は異なりますが、満足出来る乗り心地は個人の主観によって決定します。
騒音は誰にでも分かる要素ですから、気になる種類のノイズや音の大きさが判断の決め手になりますし、我慢出来ない騒音は常用に向かないので、マイカーとして選ばれる可能性は低くなります。
音の問題はカスタムによって解決出来ますが、出費が増加して手間もかかるので、新車で購入する場合は避けられる問題点ですから、車に対して思い入れが無い限りは選択の対象外になる可能性が高くなります。
車の使用感を決める要素は他にもありますし、走り出しやブレーキ性能も重要な要素ですから、評判に左右されず実際に確かめる事が重要です。

ハイブリッド車は大変燃費が良いです。軽自動車と比べても燃費が良いです。
特に夏場は良いです。これは、冬場は暖房のために冷却水を暖める必要があり、走行に不必要なときでもエンジンを回さなければならないので燃費が悪くなります。
走行状況にもよりますが、あまり渋滞がない道を走行した場合、夏場はリッター当たり30km近く走りますが、冬場は20km程度に低下します。
エコカーはエンジンの効率も良いのですが、アイドリングストップが燃費に大きく寄与しています。しかし、夏冬共にエンジンを停止するため信号待ちでは夏は暑く冬は寒い思いをします。
その点、ハイブリッド車でエアコンが電動の場合は、バッテリでモーターを回すため夏の信号待ちの暑さは皆無です。

ガソリン代は年間1万km走行した場合、同じ車格のガソリンエンジン車と比べて10万円程度安くなるのは魅力的です。
購入時は車両価格が高いですが、購入後10年所有すると100万円の差が出ますので元は取れると思います。
メンテナンスをガソリンエンジン車と比べてみると、エンジンを使わない分オイルも汚くなりません。回生ブレーキを使用するためブレーキパッドも減りが少ないです。
最近のハイブリッド車は駆動用のバッテリが10年使用でき、交換も10万円台で出来ますので安心して乗ることが出来ます。

 

水素は、宇宙空間で1番多量に存在するとされ、燃料としても二酸化炭素などの公害物質を排出しない環境に優しい未来の燃料として期待されています。
水素自動車には、2種類の動力の仕組みが研究されています。
一つは、液体水素燃料が使用出来る様にガソリンエンジンを改造したエンジンや水と水素を燃料とするHWAエンジンなど水素を燃焼させる事でエネルギーを直接得るシステムです。しかし、研究段階で一般的なユーザーに対して市販されていません。
現在、非常に注目を集めているのが、水素と酸素を化学反応させる事で得られる電気エネルギーを電気モーターに使い、動力を得る燃料電池自動車です。
水素燃料による電気自動車は、通常のガソリンエンジンに比べてエネルギー効率が非常に高く、動力性能もガソリンエンジンに比べ低速域の発生トルクが大きく、走り出しから力強くスムーズな加速が可能なのも大きな魅力です。一般的な電気自動車やプラグインハイブリッド車の充電時間に比べ、ガソリン車の給油時間と同等の3分程度で600kmの距離を走る事が出来ます。又、水素燃料車両の普及により、2020年には水素の価格が現在の半分程度になると推測されており、ユーザーの負担はガソリンよりも安くなるとされています。

なんと言っても、ガソリン費用は、当たり前なのですがゼロ円です。ガソリンを使用しないということは、排出されるガスもゼロです。販売会社が、究極のエコカーと売り出していますが、大げさな表現ではないのです。
設備を整えれば家庭でも充電ができます。ですので、電気代の安い夜に充電を行えば尚、経済的ですし、家庭に太陽光発電が備わっていれば更にエコな自動車になりえます。
そして、バッテリーに蓄電された電力を家庭に使用できるのです。先ほど記述したように、電気代の安い夜に充電を行い、昼に蓄電された電力を利用するという、電気代節約ができます。当然、停電時などでは更に、その利便性を発揮するでしょう。
航続距離が短いという欠点がありますが、バッテリーの性能も上がっています。通勤用、ルート配送などでは、全く心配がありません。実際、北米ではタクシーで既に利用されています。
インフラも急いで整えているので、大型のショッピングモールや、アミューズメントパーク、幸楽地等、多くの場所に充電装置を設置されています。カーディーラーにも充電装置が備わっているので、休憩がてらに受電することができます。
電気自動車の乗り心地は特殊です。なんせ、エンジン音が全くありませんので、聞こえてくる音はタイヤの摩擦音くらいです。あまりに静かで最初は不安に感じる程です。

ガソリンで動く車は、ガソリンを燃焼・膨張を繰り返し得られる運動エネルギーを利用しています。しかしこれでは、燃焼後に排出される二酸化炭素が多く、環境問題につながります。
これに対し電気で動くモーターは電気をエネルギー源として動く電気自動車です。燃焼するものがないので二酸化炭素を排出せず環境には優しいのですが、パワーがありません。
そこでパワーが大きいけど二酸化炭素を排出するガソリン車と、パワーは小さいけど二酸化炭素を排出しない電気自動車を掛け合わせ、誕生したのがハイブリッド車です。
発進時や低速で走る際にはガソリンでは効率が悪く、モーターの方が優れているのでモーターを使います。そのため、発進時、パワーがないと思う人もいるかもしれません。そして通常の走行時にはガソリンを利用してエンジンを使い、この時に余分に発生したエネルギーを充電します。また、車を停める際は動力系を全て停止するので、アイドリングは行いません。ガソリンを使う必要がない部分ではモーターを利用することで、無駄にガソリンを使わずにすみ、高燃費が実現しました。
ハイブリッドとは「異なるものをかけあわせたもの」のことを指します。ガソリン車・電気自動車それぞれを補い合い、よりよい車が誕生しました。

車の楽しみ方は自由ですし、法律やマナーを守ればドライブは趣味になりますから、燃費よりもデザインを重視した車選びは可能なので、目的に応じた車を活用する事がカーライフで重要な事です。
エコカーは環境や社会状況に対応した車ですから、目的があって選ばれる種類の車ですし、使う人次第で発揮される効果は異なり、上手く乗りこなす事で本来持つ価値を活かせます。
正しい使い方として、走り方が重要な役割を果たしますし、雑な運転では価値十分に発揮出来ないので、メーカーが推奨する運転方法を行う事が大切です。
必ずしもメーカーが提案する方法が最善とは限らないので、時間を掛けて検証する事も必要ですし、自らに合った乗り方を探す事も車の楽しみ方ですから、燃費の面で効率を高めるドライブを探す事が必要です。
実用的な面を車に求める場合は、燃費の検証を行う事は負担になりますし、時間の無駄や労力の増加が発生しますから、メーカーが薦める乗り方が現実的な選択肢です。
燃料の安さを求めて長距離を走る事は逆効果ですし、燃費に意識が集中して事故を起こせば本末転倒ですから、安全運転と効率的な走りのバランスを保つ事が重要なので、車選びから走りまでのトータルで考えます。

エコカーには、いろいろな種類があり、それぞれ特徴も異なります。
「燃料電池車」は、水素と酸素を動力として走る車であり、「航続距離が長い」「短時間で充電できる」という点から、「究極のエコカー」とまでいわれています。
「電気自動車」は、専用スタンドなどからバッテリーを充電して走る車で、温暖化の原因となる二酸化炭素や大気汚染の原因となる窒素酸化物を全く出しません(この点は、燃料電池車も同様です)。
「ハイブリッドカー」は、エンジンと電気モーターの両方を備えているため、電気自動車のようにバッテリー切れの心配がありません。
低速時は電気モーターを使い、速度が上がってきたらエンジンに切り替えて走行します。
「プラグインハイブリッドカー」は、従来のハイブリッドカーと電気自動車の長所を併せ持った車です。
ガソリンと電気の両方が動力源で、近場なら電気自動車として、遠出するならハイブリッドカーとして使うことができます。
「クリーンディーゼル車」は、以前は「黒いすすをまき散らす」というイメージがありましたが、近年の技術革新により、「クリーン性」と「燃費効率」が急激に向上しました。
日本ではあまり扱われていませんが、欧米では高い人気を誇っています。

現在では、エコカーの選べる車種が増えてきました。
同一モデルでも、使用する燃料や動力のシステムの選択も合わせて出来る様になっています。
エコカーの動力システムのだけでも、電気自動車やダウンサイジングターボシステム、ハイブリッドシステム、水素やメタノール、エタノール、LPGなどの代替燃料を使用するディーゼルエンジン車両やレシプロエンジン車両など選択肢は多彩です。
ダウンサイジングターボシステムは、従来のエンジン技術を流用して総排気量を抑え出力不足をターボで補い、低公害と低燃費を追求しているシステムです。日本よりもヨーロッパに多く見られるタイプのエコカーです。
日本のハイブリッドシステムには、化石燃料を使用する内燃機関と電気モーターを併用動力源とするシステムやハイブリッドシステムに充電システムを搭載したプラグインシステムがあります。
欧米のハイブリッド車両の中には、搭載された内燃機関で発電を行い、電気モーターを駆動力とするシステムもあります。
現在では、アイドリングストップシステムや回生エネルギーシステムなど新技術を搭載した軽自動車も増えており、エコカーの選択肢に軽自動車も加わり、本当に選択肢が多彩になって来ています。