選べる車種が増えてきました

現在では、エコカーの選べる車種が増えてきました。
同一モデルでも、使用する燃料や動力のシステムの選択も合わせて出来る様になっています。
エコカーの動力システムのだけでも、電気自動車やダウンサイジングターボシステム、ハイブリッドシステム、水素やメタノール、エタノール、LPGなどの代替燃料を使用するディーゼルエンジン車両やレシプロエンジン車両など選択肢は多彩です。
ダウンサイジングターボシステムは、従来のエンジン技術を流用して総排気量を抑え出力不足をターボで補い、低公害と低燃費を追求しているシステムです。日本よりもヨーロッパに多く見られるタイプのエコカーです。
日本のハイブリッドシステムには、化石燃料を使用する内燃機関と電気モーターを併用動力源とするシステムやハイブリッドシステムに充電システムを搭載したプラグインシステムがあります。
欧米のハイブリッド車両の中には、搭載された内燃機関で発電を行い、電気モーターを駆動力とするシステムもあります。
現在では、アイドリングストップシステムや回生エネルギーシステムなど新技術を搭載した軽自動車も増えており、エコカーの選択肢に軽自動車も加わり、本当に選択肢が多彩になって来ています。