ハイブリッド車って何?

ガソリンで動く車は、ガソリンを燃焼・膨張を繰り返し得られる運動エネルギーを利用しています。しかしこれでは、燃焼後に排出される二酸化炭素が多く、環境問題につながります。
これに対し電気で動くモーターは電気をエネルギー源として動く電気自動車です。燃焼するものがないので二酸化炭素を排出せず環境には優しいのですが、パワーがありません。
そこでパワーが大きいけど二酸化炭素を排出するガソリン車と、パワーは小さいけど二酸化炭素を排出しない電気自動車を掛け合わせ、誕生したのがハイブリッド車です。
発進時や低速で走る際にはガソリンでは効率が悪く、モーターの方が優れているのでモーターを使います。そのため、発進時、パワーがないと思う人もいるかもしれません。そして通常の走行時にはガソリンを利用してエンジンを使い、この時に余分に発生したエネルギーを充電します。また、車を停める際は動力系を全て停止するので、アイドリングは行いません。ガソリンを使う必要がない部分ではモーターを利用することで、無駄にガソリンを使わずにすみ、高燃費が実現しました。
ハイブリッドとは「異なるものをかけあわせたもの」のことを指します。ガソリン車・電気自動車それぞれを補い合い、よりよい車が誕生しました。