特徴や仕組みについて知ろう

エコカーには、いろいろな種類があり、それぞれ特徴も異なります。
「燃料電池車」は、水素と酸素を動力として走る車であり、「航続距離が長い」「短時間で充電できる」という点から、「究極のエコカー」とまでいわれています。
「電気自動車」は、専用スタンドなどからバッテリーを充電して走る車で、温暖化の原因となる二酸化炭素や大気汚染の原因となる窒素酸化物を全く出しません(この点は、燃料電池車も同様です)。
「ハイブリッドカー」は、エンジンと電気モーターの両方を備えているため、電気自動車のようにバッテリー切れの心配がありません。
低速時は電気モーターを使い、速度が上がってきたらエンジンに切り替えて走行します。
「プラグインハイブリッドカー」は、従来のハイブリッドカーと電気自動車の長所を併せ持った車です。
ガソリンと電気の両方が動力源で、近場なら電気自動車として、遠出するならハイブリッドカーとして使うことができます。
「クリーンディーゼル車」は、以前は「黒いすすをまき散らす」というイメージがありましたが、近年の技術革新により、「クリーン性」と「燃費効率」が急激に向上しました。
日本ではあまり扱われていませんが、欧米では高い人気を誇っています。